リフォーム施工一覧 リフォーム詳細 リフォーム詳細

お客様に納得のいくリフォームをご提供するために、ここではあるリフォームを参考にあげてご紹介いたします。

■ 耐震改修工事 リフォーム(骨組みの強化)

せっかくリフォームをするのであれば 地震に強い耐震リフォームにしたいわ!
でも、ご近所の方は某ハウスメーカーさんに頼んだら 耐震補強せずに1000万円以上もリフォームに かかったと いうのだけれど、赤木工務店さんもそのくらいかかってしまうものなの?


そんなことはありません!
『知って得する 木造住宅耐震改修助成制度の申請』を すればいいのです! この制度はきちんとした耐震改修工事を行なう前に資料を提出すると 市町村から助成金が出るんです。
お客様に分かりやすく、 写真や図を用いて構造学的な数値の説明をさせていただきますので、 『建物の事は全く分からない・・・』と不安のお客様でも 安心していただけます。 お客様が一つ一つの工事過程を把握できる ことにより、最後まで納得、安心、満足がそろったリフォームを 体感していただけると思います。

K様より、近隣の方が某ハウスメーカーさんで耐震リフォームを行なったところ、1,000万円以上の費用がかかったのですが、私の家もそのくらいかかるのでしょうか?とのご相談を受けました。
そこで、弊社では『知って得する 木造住宅耐震改修助成制度の申請』を行っていただき、耐震リフォームを施工したところ、K様のお宅の耐震リフォーム工事の費用は、某ハウスメーカーの約半分の500万円ほどになりました。 そのことを近隣の方々にお話すると、皆様がっくり肩を落としてしまいました。

■ 屋根と壁ヒビの修繕工事 リフォーム

長年、壁をほったらかしにしていたせいで、 壁などにヒビが入ってしまっているし、 夏は日差しが直に当たって暑いんですが、
どうにかなりませんか?


ご依頼いただいた壁はRC構造(コンクリート)で築45年とのことですので、 だいぶ下地のモルタルの落下が目に付いていますね。 そして屋根がもともとの構造デザイン上無かったため、 夏場は日差しが家全体に 直撃してしまうんです。 壁に関してはヒビの修繕工事を行い、夏の暑さの減少は、屋根をつけましょう!

M様より、コンクリート構造の壁の修繕工事のご相談を受けました。壁以外に何かお困りのことがないかお伺いしたところ、夏はとても暑いとのことでした。 弊社では、壁に関しては工程の説明を行ない、夏の暑さの減少は屋根をつける提案をさせていただき、接合方法のご相談から始まりました。 使う材木の種類など、既存コンクリートの負担の軽減のために用いるケミカルアンカー(化学薬品)の説明、実際の現場で使用した証拠写真を木材から科学薬品の材料まで一つ一つ収めました。